GemForexが新しくなった!特徴を解説

GemForexが新しくなった!特徴を解説のアイキャッチ画像

GemForexの特徴まとめ

GemForexの特徴まとめのアイキャッチ画像

GemForexの特徴①他社とは別格の豪華ボーナスキャンペーン

GemForexはボーナスキャンペーンを行い、仕組みを知ると有効証拠金を増やして積極的にトレードができます。

100%入金ボーナスは1年中提供していないため期間限定で、1口座あたり500万円までになっています。
このため、口座開設後に少しでもお得に有効証拠金を使いたいと考えていれば開催期間であるか確かめ、良いタイミングで入金すると余裕を持ってトレードが可能です。
開催期間の情報はGemForexの公式サイトで確認し、損をしないようにすると有効活用できます。

基本的に、最近では新規口座開設で2万円のボーナスクレジットまたは1万円のボーナスクレジットと抽選で入金100%ボーナスが開催される傾向があり、公式サイトで確認して最適なタイミングで申し込むと便利です。
ボーナスクレジットはそのまま出金できませんが、入金なしでも取引ができて利益を出した分はできます。

GemForexのボーナスキャンペーンは他の海外FX業者よりも金額が多く、うまく利用すると初期費用が少なくても有意義にトレードができます。

GemForexの特徴②最大レバレッジ1000倍でゼロカットシステムを採用

GemForexの特徴は最大レバレッジが1000倍で、追証なしのゼロカットシステムを採用していることです。

国内のFX業者は必ず追証があってマイナスになれば投資金額以上に借金が出ますが、ゼロカットシステムを採用することで相場が急激に変わってロスカットが間に合わなく口座残高がマイナスになっても0にリセットされます。

レバレッジが1000倍の時は1000万円の取引をするための必要証拠金が1万円で最大取引量が10億円になり、国内のFX業者は最大でも25倍になるため40倍の差があります。

ハイレバレッジの魅力は必要証拠金が少なくても取引が可能で、高額の取引も可能になり一獲千金を狙えることが魅力です。
このため、GemForexはレバレッジが1000倍でもロスカットをされにくく、安心して自由にトレードができることが魅力だといえます。

GemForexの特徴③業界屈指のスプレッド

GemForexは口座のタイプや通貨ペアに応じてスプレッドが異なり、事前に確認してトレードをする必要があります。

口座のタイプは下記の2種類の口座があります。

  • オールインワン口座
  • ノースプレッド口座

大きな違いといえばスプレッドの広さで、ノースプレッド口座にすると国内のFX業者並に狭くなります。

スプレッドは取引の際に発生する手数料という認識があり、狭くするとお得になるため選びたがるものです。
しかし、ノースプレッド口座は制限もあり、ボーナスに対応していないことや自動売買に利用できないため注意が必要です。

ノースプレッド口座は国内のFX業者とドル円で比較しても同程度ですが、初回最低入金額が30万円のため、よく考えてから選ぶ必要があります。

GemForexの特徴④日本語対応も可能なサポート体制

GemForexはオーナーが日本人ということもあり、日本語対応が完璧で海外FXの初心者にも安心して使えることが魅力です。

日本語サポートの内容はメールと電話になりますが、営業時間が10時から17時と短いなど制限を受けます。
電話は日本語で問い合わせることが可能で、他社のように英語を話せないとできないなど制限がなくて便利です。

基本的に、海外に電話をすると通話料金が高くなりますが、メールでしても営業時間中なら遅くても1時間以内のため安心できます。
GemForexの公式サイトは日本語コンテンツもあり、他社と比べて充実しているため安心して使いやすいです。

回答の内容も丁寧で取引に関して分からないことを気軽に聞きやすく、まさに初心者向けの海外ブローカーといえます。

GemForexの特徴⑤口座開設がすぐにできる!

GemForexで取引をする時は口座を作る必要がありますが、手続き自体は最短30秒でできます。

口座開設フォームは名前とメールアドレスがあればでき、入力して口座タイプと登録種別を選んで送信すると完了です。

口座タイプの選び方はオールインワン口座とノースプレッド口座があり、それぞれの違いを確かめてから選ぶ必要があります。
ノースプレッド口座はスプレッドが狭いもののボーナスがなく、自動売買やミラートレードが不可能です。

登録種別は個人口座、個人事業主口座、法人口座の3種類から選べ、個人でするなら個人口座を選ぶと無難になります。

口座開設方法は必要事項を入力して送信すると登録完了メールが送られ、確認してメールアドレスとメール内にあるパスワードを入れてログインをすると完了します。

本人確認書類は口座開設ボーナスを受け取る際に必要なため、キャンペーン期間中に申し込む際には同時にできるようにすると効果的です。

GemForexの特徴⑥あらゆる入出金手段に対応

GemForexの入出金をするためには条件があり、事前に確認して最適な手段を選ぶ必要があります。

条件とは本人の名前や住所、写真を確認することで、パスポートや運転免許証など名前と生年月日、住所、顔写真が一緒にあれば1枚で済みます。
複数の書類を使うことも可能で、マイページ上でファイルをアップロードして送信して承認されれば完了です。

出金方法は海外銀行送金、bitwallet出金、ビットコイン出金があり、手数料や最低出金額、着金までの日数が異なります。
しかし、クレジットカードでは入金はできるものの出金はなく、以上の3つの方法しか対応していないことを認識することが大事です。

銀行送金は他の方法と比べると手数料が発生し、月に1回にすると無料ですが2回目以降は出金額の2%になります。
このため、頻繁に出金したい場合はbitwalletやビットコインが便利で、手数料をなるべく減らせるようにすると効果的です。

出金はポジション保有中はできないため、決済をしてから手続きを行う必要があります。ボーナスクレジットは出金をした時点ですべて消滅し、よく考えてからすることが大事です。

GemForexの特徴⑦約定率が高くリクオートもなし!

海外FX業者を選ぶ時は約定率が高いと信用でき、トレードの不成立や出金拒否になることを防げます。

約定力とは処理能力が高いサーバーとカバー先の金融機関とのつながりが豊富で、瞬時に注文をさばけるようになる仕組みです。
また、FXは時間によって値動きがあるため、少しでもズレてしまうと意図した金額よりも少なくなるなど信用できなくなります。

GemForexは99.79%と約定率が非常に高く、他社と比べて大きなアドバンテージがあります。
基本的に、海外FX業者はNDD方式を採用し市場と直結し、DD方式の国内のFX業者に比べると約定率が高いことがメリットです。

約定率はサーバーの処理能力などシステム力によって変わりやすく、チェックしてから決めるようにしないと思うように取引ができなくなります。

GemForexの特徴⑧EA(自動売買ソフト)・ミラートレードが無料で使い放題

GemForexの特徴は自動売買ソフトとミラートレードが無料で使い放題になり、それぞれの特徴を知ると取引をしやすいです。

自動売買は自動売買システムの判断で取引を行い、トレーダーが自身の裁量で取引をする裁量トレードと異なっています。
FX取引には以上の2つの方法がありますが、自動売買取引にはEAとミラートレードがあり違いを確かめて選ぶと便利です。

EAはMT4にインストールしパソコンやVPSなど環境を構築して行う方法ですが、ミラートレードはブラウザ上で運用でき環境構築が不要です。
このため、初心者にはミラートレードがおすすめですが、自由度が少ないなど制限があります。

GemForexは完全無料でミラートレードができ、実際のスプレッドのままになることが海外FX業者と比べて有利になります。

EAはGemForexなら口座残高資金が50万円以上あればVPSが無料で、自分で設置する手間がかからないため便利です。

GemForexの特徴⑨口座維持手数料がかかる

GemForexは口座維持手数料がかかり、仕組みを確かめて余分な出費が増えないようにしたいものです。

基本的に、1月1日、4月1日、7月1日、10月1日の時点で、90日間まったく取引がない場合に限って15ドル口座から差し引かれます。

逆に取られないようにするためには1日でもトレードをすれば良いことで、よほどのことがない限りないことやほかにもかかる手数料はまったくないため安心です。

また、GemForexをまったく使う機会がなくなればすみやかに出金し、口座の残高がなくても引かれなくなっています。
しかし、トレードをせずにそのまま放置すると勝手に解約されることはありませんが、残高が残ったままの状態ではゼロになるまで維持費を取られ続けるため注意が必要です。

GemForexの特徴⑩取引通貨ペアは33種類と少なめ

GemForexを選ぶ時は取引通貨ペアが何種類あるか気になるもので、それぞれスプレッドが異なるため確認して取引をする必要があります。
取り扱う通貨ペアは33種類で、他の海外FX業者のXMの55種類に比べて少ないです。

スプレッドは基本的に取引量が多い通貨ペアになると狭く、米ドルとユーロの組み合わせが該当します。
次に、日本円と米ドルがスプレッドが狭く、日本人からすれば取引をしやすくて人気です。
その次に日本円とユーロのペアがありますが、実際には基軸通貨の米ドルを介して取引をするためスプレッドが広くなります。

スプレッドは取引量や安定性によって変動し、ドルと日本円、ドルとユーロのペアがスプレッドが狭くなります。

このため、高いレバレッジをかけて勝負することもできますが、急激にスプレッドが広がるタイミングもあるため知ることが大事です。

通貨ペアやCFDの銘柄が少ないことがネックですが、GemForexを選ぶ際にはメリットをうまく活かす必要があります。

GemForexの会社概要

GemForexの会社概要のアイキャッチ画像

GemForexは運営会社がニュージーランドのGEM GROUP NZ LIMITEDになり、2010年に設立されて9年目になります。
本社は香港にあり、アカウンティング業務やディーリング業務はベトナム支社で対応しています。

運営会社のGEM-TRADE Co.,Ltdの社長は日本人で、日本語で公式サイトを作ることや電話やメールでも問い合わせやすい環境を作っていることが特徴です。

2019年6月にニュージーランドのライセンスを取得し、他の海外FX業者も取得していることから信頼度が高くなっています。
以前は金融ライセンスが未取得だったため多少の不安がありましたが、取得することで払拭されているようです。

しかしながら、金融ライセンスがあっても必ずしも安心できるわけでなく、資金の管理方法を確かめて決める必要があります。

GemForexは信託保全のため安心して資金を預けやすく、倒産して資産がなくなるなどのトラブルを防げることが特徴です。

GemForexは即トレードを始めたいトレーダーにおすすめ!

GemForexは即トレードを始めたいトレーダーにおすすめ!のアイキャッチ画像

GemForexは名前とメールアドレスのみですぐに口座を作れ、トレードを早く開始したい場合に向いています。

最大レバレッジは1000倍で一獲千金を狙え、オールインワン口座を選ぶとスプレッドが広がりますが、ボーナスがあり準備する資金が最小限で済むので初心者にもおすすめです。

また、初心者には日本語サポートが充実しているため使いやすく、他の海外FX業者にありがちな英語を話せないと聞けないなど不安をなくせます。

自動売買やミラートレードも無制限で使用することができる上に、出金方法も幅広く対応しているので便利です。
GemForexはニュージーランドのライセンスを取得し、信託保全のため倒産して資金がなくなるリスクを回避できます。

以上のことをまとめると、他社と比較するとデメリットとなる点もありますが、それを上回るメリットが豊富にある為これから注目すべきFX業者であることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です